2014年7月アーカイブ

ラクトフェリンは、悪玉菌の発生を抑制して、善玉菌を増やしてくれるので発がん性物質が生成されない仕組みを作ることができます。
特にライオンのラクトフェリンは、腸にしっかりと成分が届く製法で作られているので高い確率で腸内環境を改善することができます。

腸には身体を守ってくれる免疫細胞が多く集まっていて病原菌をこの免疫細胞でうまくコントロールしています。
腸乃中には腸内細菌があり大きく分けると善玉菌と悪玉菌に分けることができます。
この腸内細菌の善玉菌が増えれば様々な良い作用が生まれるのですが、悪玉菌が増えてしまうと様々な病気になってしまうのです。

この病気が程度が軽いものならば治療をすればすぐに完治をするのですが、大腸がんなどの思い病気になってしまうこともあるのです。
大腸がんの他にも、肝臓がん、糖尿病、肝炎などの病気を併発してしまう恐れがあるので、腸内細菌のコントロールは重要になってくるのです。

日本人の死因で1位ががんですが、急速に増えているがんが大腸がんです。これは高カロリーや高脂肪の食品を摂取する機会が増えたことと、食物繊維を取らないこと、アルコールを飲みすぎることなどの原因が挙げられます。
このような乱れた食生活をしている腸内環境が乱れてしまうのです。

ライオンのラクトフェリンは腸内環境をしっかりと整えてくれて、善玉菌を増やして大腸がんなどの発がん性物資を抑制してくれる働きがあります。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。